AFP試験のTOPに戻る
「AFP試験」トップ >  AFP 試験 > 提案書の構成

提案書の構成

AFPの認定研修や、ファイナンシャル・プランナーとして実務で作成する提案書は一般には下記のような構成になります。
ただし、プラニングの内容によって、追加や削除など臨機応変に対応してください。

1.表紙
タイトル、宛名、ファイナンシャル・プランナーの氏名を入れる。

2.目次
どこに何が書かれているかをわかりやすくするために目次は必ず入れてください。

3.前書き(ご挨拶)
挨拶・提案書作成の目的・プラン作成者の意見・所見、経済状況の見通し、提案日(作成日)と作成者名などを書きます。

4.顧客の現状(プロフィール)
顧客の年齢や家族構成、職業や収入や資産などを明確にする。

5.顧客の希望・生活目標
プラン作成にあたり、顧客の希望や目的を明示して、その希望を達成するプランであると明確にします。

6.現状の分析・問題点の明示
現状や今後の収入や支出の予測から現状のキャッシュフローの分析を行い、問題点があれば、どのような問題点があるのかを明確にする。
問題がない場合、問題はないことを提示します。

7.対策の提示
問題点を解決するための手段を提示します。
複数の案がある場合は、どの対策が最も適切か根拠と共に提示します。

8.各種対策を実行した場合、期待される効果の分析
対策後のキャッシュフロー表を提示し、具体的な数値とともに対策の必要性を明確にします。

9.あとがき(まとめ)
リスクの説明や、FPとしての今後の考え方、メッセージなどを必要に応じてまとめます。

10.添付資料(巻末、もしくは途中に差し込み)
対策前、対策後のキャッシュフロー表、金融商品の説明やパンフレットなど、必要に応じて添付します。
その資料がいつの時点のものかも明記しておきます。

AFPの認定研修では、この構成で提案書を作っていきます。
パンフレットの入手はインターネットでもできますので、様々な商品を比較して提案できるようにしましょう。
AFPを目指す人は、提案書を修了してAFP認定研修修了と試験の合格が必要です。
試験の勉強としても、提案書作成にはしっかりと取り組んでください。
関連コンテンツ

顧客のファイナンス状態の分析

ファイナンシャル・プランナーは、提案書作成のための情報収集後、顧客のファイナンシャル・ゴールを設定した後は、その目標実現が現状で可能かどうか、問題点があれば原因を分析します。 ・現状のキャッシュフロ・・・

AFP認定研修

AFPの資格取得のためには、2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験の合格とAFP認定研修修了が必須条件です。 AFPの認定のためには、この2つの条件を満たし、試験合格後、AFP登録期間・・・

所得控除 ― 物的控除

所得控除とは所得金額の計算では考慮できない個人的事情などを税額計算に反映させるため、設けられたものです。 所得控除は14種類あります。 ここでは、そのうち税金を負担する能力や社会政策上の観点から設定さ・・・

ライフプランとライフデザイン

AFPをはじめファイナンシャル・プランナーは顧客のライフプランに合わせ、顧客の生活経済であるファイナンシャル・プランを考えていきます。 ライフプランとは、個々が持つ夢や希望、目標などを具体的にイメージ・・・

AFPとは

AFP(Affiliated Financial Planner)は、日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会が認定するライセンスの1つです。 NPO法人日本FP協会が認定するライセンスは2つあ・・・

ファイナンシャル・プランナーが利用する係数 その2

AFPになるための試験である2級FP技能検定では、係数と係数表は毎回出題されています。 実務でも必要となりますので、係数の使い方を理解しておきましょう ここでは、6つの係数のうち終価係数、現価係数を除・・・

AFP資格の学習分野

AFPの資格取得は、顧客に適切なアドバイスや提案をするための技能を習得したプロのファイナンシャル・プランナー(FP)への第1歩です。 AFPの学習分野には、次の8分野があります。 ・FP基礎(FP総・・・

消費者契約法

ファイナンシャル・プランナーはライフプランにかかわる制度や法律も基礎的な知識として、知っておきたいものです。 消費者契約法や金融商品販売法などは、試験にも出題されています。 試験のためだけでなく、生活・・・

日本FP協会について

日本FP協会は1987年に設立され、2001年に特定非営利活動法人(NPO法人)として認証されました。 ライフプランを実現するために、ファイナンシャル・プラニングとは何かを知ってもらい、優秀なファイナ・・・

AFPの合格率

AFPになるための試験、2級FP技能検定試験の内容・解答は日本FP協会、および金融財政事情研究会のHPで公開されています。 試験前の腕試しとして、ダウンロードして試してみるとよいでしょう。 ただし、解・・・

顧客の情報収集

ファイナンシャル・プランナーが提案書を作るためには、顧客の生活目標や希望を明確にしなければなりません。 そのためには必要なデータを面談や質問紙を活用して収集します。 ・質問紙 家族構成、家族の年齢・・・・

金融商品取引法

貯蓄から投資への流れの中で、利用者保護のルールを徹底させると同時に、利便性の向上を図り、経済の市場機能の確保と国際化への対応を図る目的で、2007年9月、金融商品取引法が施行されました。 投資性の強い・・・

年金制度

AFPの知識の中には年金制度も必要となります。 AFPになるための試験である2級FP技能検定にも年金制度は出題されています。 年金制度は非常に複雑です。 しっかりと基礎知識を身につけて試験に臨みましょ・・・

ファイナンシャル・プランナーとは

最近ファイナンシャル・プランナー(FP)ということばをテレビ、新聞、雑誌などでよく耳にすることが多くなりました。 しかし、皆さんは具体的にファイナンシャル・プランナーの仕事内容をご存知でしょうか? ・・・

AFP資格取得のための試験 その1

(財)日本FP協会のライセンスであるAFPの資格を得るためには試験に合格することと日本FP協会認定のAFP認定研修修了が必要です。 AFP資格を得るためには、日本FP協会、もしくは(社)金融財政事情・・・

税金の基礎知識

税金に関する知識はAFPをはじめファイナンシャル・プランナーにとって必須です。 税金は、税金を課するもの(課税主体)によって、国税か地方税に区分されています。 さらに地方税は課税主体が道府県か市町村・・・

AFPの資格更新

AFPには資格有効期間があります。 法令や金融事情が変化していく中で、ファイナンシャル・プランナーはその資格にふさわしい知識や技能を維持し、新しい情報を知り、さらに向上して続けていかなければなりません・・・

ファイナンシャル・プランナーへの定番相談

AFPをはじめファイナンシャル・プランナーには、どのような相談が多いのでしょうか。 ・資産運用について 結婚資金をためるにはどうすればよいか? 安全かつ有利な金融商品は? ・住宅 マイホームの購入・・・

ファイナンシャル・プランの検討・作成

ファイナンシャル・プランナーは提案書作成のための情報収集、問題点の洗い出し後は、問題点解決のため、対策をできるだけ多く検討しなければなりません。 顧客の意向に沿ったプランを作成するためには、1つの対策・・・


「提案書の構成」のトップへ↑
「AFP試験」のトップへ↑